REMO Exporter for 3ds Max

REMO Exporter for 3ds Maxは、CGツール「Autodesk 3ds Max」で制作したデータをREMOシーンファイルへ変換するための Autodesk 3ds Max用プラグインソフトウェア です。

機能
基本的な使用法 3ds Maxのプラグインメニューより、XRM出力先パスを指定して保存。他に、以下のような設定が可能。

  • アニメーション設定 (FPS, 時間軸分割など)
  • テクスチャ変換設定
  • ユーザーリファレンスあり
動作環境 CG ツール「Autodesk 3ds Max 2017, 2016」の動作環境に準拠

環境依存 全ての組み込み/PC動作環境に共通。
CGツール種別およびバージョンに依存。

ライセンス USBドングルキー

REMOで使用可能な3ds Maxの機能

マテリアル
  • 標準マテリアル
  • マルチオブジェクト
  • サブオブジェクト
  • マテリアル
  • ブリンシェーディング
テクスチャ
  • ビットマップ
  • 法線マップ
  • 反射マップ
  • マルチオブジェクト
  • サブオブジェクト
  • アルファ
  • 頂点カラー
  • RGB乗算
環境効果
  • フォグ
  • バックグラウンド
ライト
  • カラー
  • マップ
  • 指向性ライト
  • オムニライト
  • スポットライト
アニメーション
  • モーフィング
  • ボーン
  • スキン
  • マテリアル
  • 可視性
  • マテリアル
  • カメラ
  • ライト
  • テクスチャ行列
その他
  • セルフシャドウ(指向性ライトのみ)
  • ソフトシャドウ

Follow me!